•   >
  •   >
  •   >
  • 成城石井の自家製ポークウィンナーが美味しすぎてリピ買いするようになりました

成城石井の自家製ポークウィンナーが美味しすぎてリピ買いするようになりました

ハム・ソーセージ
成城石井の自家製ポークウィンナーが美味しすぎてリピ買いするようになりました 出典:https://www.seijoishii.com
成城石井の自家製ポークウィンナーの口コミレビュー記事です。とにかく素材が良くて、香りは香ばしく、他の安いウインナーとは比較にならないです。化学調味料不使用だから子供のお弁当などにもおすすめ。ボイルや炒めるのも美味しいです。

商品情報


今回ご紹介するのは成城石井の「自家製ポークウィンナー」です。

●成城石井自家製 ポークウィンナー(化学調味料不使用)180g
380円(税抜)

原材料:原材料名:豚肉、豚脂肪、食塩、ブドウ糖、香辛料、香辛料ミックス (香辛料、ブドウ糖、食塩)、パプリカ、酵母エキス、羊腸、リン酸塩 (Na、K)、酸化防止剤 (V.C)、酸味料、香辛料抽出物、香料、発色剤 (亜硝酸Na)

購入店舗:成城石井
購入時期:2017年9月


普通のソーセージとは全く違う!素材と食感が絶妙


成城石井で買い物をしていたところ、この商品を偶然発見。

税抜き380円で高いかなと悩んだのですが、、、棚の在庫を見る限りでは、か~なり売れている商品みたいだったんです。
なのでついつい購入。(笑)

食べてみると、いつものソーセージとは歴然の味の違いに感嘆!

値段は他のスーパーマーケットで販売されているものよりも200円程高くなってしまいますが、高いだけあると思う味と食感です。

ウィンナーですので、スパゲティの具にしたり、お弁当に入れたりするのに便利です。
お弁当に入れる時は、塩・コショウでフライパンで炒めるだけですが、他のウィンナーに比べてとても香ばしく、香りが素晴らしい!

朝食にもついでに同じ調理法で食べていましたが、毎日食べても飽きず、以来、他のウィンナーは食べられなくなりました。
お弁当に入れて冷めても味が変わらないのが、一番のおすすめポイント。

火を通すと表面がカリカリで中がふっくらとして、味がまたいい感じに濃いんです。
ビールやワインにも合いうので、お酒のアテにもじっくりと味わうことができますよ~。

とてもジューシーなウィンナーなので、塩・コショウでシンプルに炒めるのも良いですが、個人的にはボイルするのが一番美味しいです。

成城石井には、ウィンナーはこれ以外にもいくつかあり、私はこれしか食べたことがありませんが、値段はほぼどれも同価格に近く、DLGコンテストで銀メダルや金メダルをとったものがほとんどです。

DLGコンテストとは、DLG(食品品質評価における組織)が主催する品質競技会においてDLGが要求する品質基準をクリアした食品に授与され、受賞するのは最高の食品に限られます。

この商品の他にも、ゆず胡椒やチェダーチーズを使用している商品もあります。
私の購入したものはプレーンで化学調味料不使用なので、それも気に入っている一つの理由ですね。

ウィンナーで化学調味料不使用というのはとても珍しいんですよ。
子供に食べさせても安心なのもポイントです。

油っぽくなく、かつ香ばしいので食べごたえがあり、さっぱりしています。


一口大のピーマンと炒めると最高に合います


何もしなくても味がしっかりしていますから、どんな食材にも合うのですが、私の少しだけのアレンジ方法は、一口大に切ったピーマンと炒めることです。

他のウィンナーでやりますと特別美味しいとは思いませんが、このウィンナーを使うと、ピーマンの苦みとウィンナーの香ばしさが絶妙で、ウィンナーとピーマンというよりお肉とピーマンを食べているような感覚になるんですよね~。

とにかく想像していたよりもずっと美味しく、ウィンナーというものが、それまでよりもさらに好きになりました。

ただ、元々ウィンナーの袋は一度開けてしまうと、あまり日持ちがしないので、美味しくても買いだめはできないなと思います。
値段がもう少しだけ安いと、助かるかとも思います。

成城石井のその他のウィンナー、ゆず胡椒やチェダーチーズ味も人気があるようなので、次回は試してみたいですね。

自家製ハム&ソーセージ「シュトゥットガルトシンケン&モルタデラ」もかなり美味しかったです。

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
69

TOP