•   >
  •   >
  •   >
  • 昭和のなつかしいキャンディー「サクマドロップス」は大袋入りがお得!

昭和のなつかしいキャンディー「サクマドロップス」は大袋入りがお得!

グミ・キャンディ
昭和のなつかしいキャンディー「サクマドロップス」は大袋入りがお得! 出典:https://askul.c.yimg.jp
「サクマドロップス 1袋」の口コミレビュー記事です。便利でお徳なサクマドロップスの個包装済み品。イチゴ、ハッカ、リンゴ、スモモ、レモン、メロン、オレンジ、パイン、8つの味に5種類の形。お子さまからご年配の方まで、世代を超えて愛されているロングセラー商品です。

商品情報


今回ご紹介するのはロハコで購入した「サクマドロップス」です。

●サクマドロップス 1袋(800g:約211粒入り)
977円(税込)

内容:いちご、レモン、オレンジ、パイナップル、りんご、メロン、すもも、ハッカ味
購入店舗:ロハコ
購入時期:2017年10月

懐かしい味にホッとする♪


昔から有名なサクマドロップス。
子どもの頃からあの缶に入った甘いキャンディが大好きでした。

沢山欲しい事情もありヤフーショッピングで検索してみたところ、この大袋を発見!

私自身欲しかったのもありますが、今回購入した一番の理由が、旦那の禁煙のためです。
以前、禁煙外来にかかり薬を処方されたけれど体質が合わず断念。

義理母に相談したら義父が止めた時、大好きな銘柄の飴を舐めて吸いたい気持ちをまぎらわせたと聞いたので、「好きな飴ちゃんは?」と聞いたらカンカンに入ったやつと、ハッカと言われました。
おそらく、カンカン=サクマドロップスだろうなと連想して、さっそく購入してみました。

いくつか売っているサイトはありましたが、いつもお世話になっているネットのLOHACOで購入しました。
購入金額は977円で、私は2袋注文。

サクマドロップス自体は味も知っていますし買い物には不安はなかったのですが、ただハッカが沢山入ってないので選り好みして舐めずに余らせてしまうのでは?という点では少し不安に思いました。

知ってた!?サクマ式との違い


サクマドロップスの缶は日本人なら誰でも知っているはずでしょう。
最近の若い人たちは知らない人もいるのかな。。。?笑

でも、サクマ式ドロップスとの違いは、大人でも以外と知られていないかも。

戦争で廃業したけれど番頭さんと息子さんが別々に会社を興したので、味の継承は同じですが缶の色と商標が違うらしいです。

なぜ詳しいかというと、旦那に「カンカンの飴ちゃん」と言われたので私の中では赤い缶のサクマ式と思っていたのですが、サクマ式ドロップスの大袋なんて売ってないんですよね。

あるのは缶売りで10個とかなんです。

それに赤い缶以外に、緑の缶があるんですよね。
こちらの緑の方が今回ご紹介しているサクマドロップスになります。

缶のゴミがでるのも嫌だったので、今回は大袋のアソートがあるサクマドロップスに決めました。
味が同じなら別に微妙な名前の違いはいいかなと思いました。

結構、巷にあるんですよね。この飴。
一袋ずつに入っていて、レジ横とかコインランドリーの待合とかにカゴに入れておいてあるんです。
私は完全にあの赤い缶の飴ちゃんだと思いこんでいました(笑)

飴の説明ばかりになってしまいましたが、無事手元に届いて小さなジップロックの袋に小分けにして旦那に持たせました。
「サクマドロップだぁ」と持った旦那も間の「式」は抜けていて(笑)

赤い缶も緑の缶も忘れています。私と同じ脳の構造なんですね。喜んでくれて持っていきました。

口が寂しい時にパクッ!意外にすぐ無くなります!


自宅では、大きな透明のビンに詰めました。
いちご、レモン、オレンジ、パイナップル、りんご、メロン、すもも、ハッカを万遍なくまぜて入れ込みました。

でも不思議なんですよね。万遍なくまぜて入れているはずなのに、旦那はハッカが好き、私はいちごが好きなので、ピンクと白がなくなっているんです。
たぶん、みんな色によって好みが分かれていたのかもしれませんね。

お味は変わらず、一粒口に入れたら懐かしいやさしい味でホッとするお味です。

大袋で200粒以上ですが意外とすぐに無くなります。
甘い物好きなのもあるのかもしれませんが。

実際、最後の購入の前が1か月半前なので、リピート購入は2か月置きがベストですね。とても重宝します。

ただ、好きな飴の好みもあるので「ハッカ」のみの飴も購入してみようかと検討中。
こちらは、大一製菓のハッカ飴です。
かなり一粒が大きいとレビューなどの評価があがっています。

値段も安いですし、大きい粒のほうが口が寂しいだけの場合は持ってこいなので、今月の注文時にはこの大一製菓のハッカも合わせて買ってみようかと思います。
こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
150

TOP